コロナウイルスの感染と重症化

  • 2020年6月24日
  • 2020年6月26日
  • ブログ

コロナウイルスは、ほんの数か月のうちに数多くの変異を起こしています。

 

すでに数千の変異株が出現しているという意見もあります。

 

 

日本や中国で流行したものは、若い人にはほとんど重篤な症状が出ないタイプのようでした。

 

欧州などで流行したものは、若い人でも重篤な症状が出ているようです。

 

 

RNAウイルスは一般に変異が頻繁に起こります。

 

今後も、注意する必要があります。

 

 

同じようにコロナウイルスに感染していても、症状が軽い人と重症化する人がいます。

 

重症化している人にはサイトカインストームという免疫機能の暴走が起きているようです。

 

 

サイトカインストームが起きる人と起きない人の違いは何なのでしょうか。

 

残念ながら現時点では不明です。

 

 

ウイルスの受容体であるACE2受容体が増えるのが原因かもしれないという見解もあります。

 

しかし、証明されたわけではありません。

 

 

ネコのコロナウイルスのように突然変異を起こして、マクロファージという重要な免疫細胞の一つに感染するのでしょうか。

 

これも全く不明です。

 

 

 

エイズを引き起こすHIVについては、RNAウイルスですがいまだ有効なワクチンは見出されていません。

 

すべては今後にかかっています。