TAG

新型コロナウイルス

新型コロナがシーズンイン

新型コロナウイルス流行の問題点は、なくなるのは年寄りだけ年寄りだけと言うことではなく、病院のキャパがなくなってしまうこと。 コロナ対策にスタッフや施設が使われて、コロナ以外の病気に対応できなくなってしまうということ。 もちろん、コロナの人にも対応できなくなってしまいます。 インフルエンザは年間1000万人、昨シーズンは1200万人感染して死者は3500人ほど(※超過死亡を考慮すると1万人程度)。感染は12月から3月に集中。 そして、手洗い、うがい、マスクが徹底している今シーズンはインフルエンザの流行は今のところ皆無。 対してコロナは手洗い、マスク、うがいでも12万人の感染で死者2000人。 しかもこれからがシーズン本番。 インフルエンザにはタミフルなどの治療薬や予防接種があります。 しかもインフルエンザは感染後1から2日で発症。対策は発症してからとっても間に合います。 コロナは発症まで2週間かかる。その間、未発症の状態でウイルスを撒き散らすことに。 go to の問題点もここ。 未発症の感染者が日本各地を移動して、体温検査をすり抜けてウイルスを撒き散らすという現状。 コロナにはタミフルに当たるものはまだないし、ワクチンはアメリカで流行しているコロナのもの。3月以来、アメリカからのウイルスの流入はないと考えられるので、ウイルスが日本独自の変化を遂げている可能性があり、その場合アメリカのワクチンの効果は未知数。大阪で日本のウイルスでのワクチンを作成中ですが、今のところこれも未知数。

新型コロナの感染が急速に拡大中

新型コロナウイルスの感染が急速に拡大中です。 ウイルスにはワクチンですが。 残念ながらワクチンはまだありません。 こういう時は、自然免疫が頼りです。 自然免疫は、特定の茴するに対す特異性はありませんが、人がもともと持っている免疫です。 自然免疫は、睡眠不足やストレス過多などに弱いです。 漢方薬の「補中益気湯」は、ストレスなどで弱った自然免疫を元気にする働きがあります。 風邪やウイルスから身を守るための漢方薬として、補中益気湯がお勧めです。